ピックアップカバーの話

image


セイモアダンカンなどのハムバッキングピックアップを買うと、金属のピックアップカバーは付いていません。

なので、ルックスを考えての方の為にカバーは別売りで付けることが可能ですが、ただカバーをはめ込むだけではなく、外れないように半田づけが必要です。

あと、カバーを半田づけすることによりアースもとれますので、ノイズ対策というメリットもあります。

サウンドはカバーを付けた方が少しHiが落ちるように感じます。

image

出たー!折りたたみ式ギター!!

アコースティックギターを発注して、こんな形のダンボールが届きました。

f:id:mgs-shizuoka:20120223111934j:image:w360

こんな形からすると、何が入ってると思いますか?

中身を取り出すと、こんなバッグが出てきました。

f:id:mgs-shizuoka:20120223112101j:image:w360

ここまでだとギターが入ってるとは誰も思いませんね。

そのバッグのファスナーを開けると、これはビックリ!アコースティックギターが入ってるではないか。

f:id:mgs-shizuoka:20120223112142j:image:w360

f:id:mgs-shizuoka:20120223112347j:image:w360

まあ、発注する前から折りたたみ式ギターのことは知っていたが、実物を見るのは初めてでした。

よく旅をするアメリカ人が考えることかなー。

しかし、よく出来てますよ。

14フレット辺りで真っ二つに折れ、特殊なヒンジでネックが元に戻りストラップピンを兼ねたネジで締めて出来上がり。

本当にワンタッチ!!

ナット部分も特殊でナットに穴が開いていてその穴に弦を通す仕組みになっているので、降りたたんだ時の弦が脱落しないような設計になっています。

そういうところも よく考えてあみたいです。

このギターはVoyage-Airというメーカーの最上級機種ですが、サウンドはボルトオンとは思えないほど音が伸び、良く鳴りました。

まあ、このギターはサウンドうんぬんよりも折りたたんで小さくし背中に背負って、ピクニック、登山、キャンプ、スキー、機内持ち込みができたりと、そちらの目的を狙いにしているんでしょうねー。

f:id:mgs-shizuoka:20120223112707j:image:w360

あと、みんなをびっくりさせるとか・・・。

エスパー伊藤も入りそう?

おもしろいことを考えますねー。

このギターは、おもしろいで賞!

感動!感謝!の話

昨日、1本の電話があり。

「これから、ネックの修理に伺ってその場でやっていただけますか?」と聞かれ、いつもだと修理が混んでいて1日~2日あずかることになるんですが、たまたま修理が混んでいなくネック調整ならばすぐできると判断して「30分お待ちいただければできます。」と答えて電話を切りました。

2~3時間くらい経ち、そのことを忘れていますとギターケースを抱えた男性が来店。

「先ほどのお電話の方ですか?」と訪ねると「そうです。」とのことで、早速持ち込まれたギターを診断しました。

電話のとおりネックがかなり反っていましたが、トラスロッド調整で直りそうです。

弦交換と調整を含めても30分くらいで完了しそうなので、待っていただき、顧客台帳に住所、名前、電話番号を書いてもらいPCに入力すると、お客さんが神奈川から来たということが今気づきました。

なぜこんな遠いところまで?と聞いてみると、ホームページを見てここなら安心だと判断したみたいです。

びっくりして感動しました。

なぜなら、今まで県外から修理だけで来店のお客さんはいなかったからです。

遠いところから足を運んでいただきありがとうございました。

すごくありがたいことだと思い、これからも「エムジーズに修理、調整を出してよかったな」って思われるようにがんばります。

tone print

今やパソコンの時代!

ついにパソコンでダウンロードした有名プレイヤーのトーン、パラメーターをエフェクターにUSB経由で注入で、憧れのプレイヤーのサウンドを着せ替え感覚でつかえる。

これは凄い!

パソコンがなければ意味がないけど、着せ替えなくてもこのTCのシリーズはどれをとってもクオリティーが高いと思います。

しかもリーズナブルな値段!

お勧めです。

今回は、Hall Of Fame(リバーブ)を試しましたけど、いろいろなリバーブの切替ができ楽しめると思います。

特にMODモードにすると、シンセサイザーのストリングスみたいなサウンドになり、神秘的な雰囲気が出せ面白いです。

f:id:mgs-shizuoka:20110611222841j:image

エムジーズでも在庫中!

シンバルにシズル装着!

たまに、ドラマーの方からも依頼が来ます。

シズルとはこのリベットを何個かピアスみたいに付けたシンバルのこと。

f:id:mgs-shizuoka:20110528201303j:image

JAZZでよく使うので「シズル付ライドシンバルに変身させたい」との依頼が今まで何度かきてそれに答えてきました。

まず、ライドシンバルに穴を開けるのですが、これがなかなか穴が開かないです。

以前はドリルの刃をだめにしたこともありました。

f:id:mgs-shizuoka:20110528201302j:image

f:id:mgs-shizuoka:20110528201301j:image

開いたらリベットを通し裏からポンチで叩きリベットを開かせればできあがり!

f:id:mgs-shizuoka:20110528201300j:image

付ければ付けるほど「シリシリ」という音がうるさくなります。

片側だけ付ける方もいます。

これからも、なんでも答えていきます。

チャリティーステッカーにご協力を!

このたびの震災のチャリティーステッカーがパール楽器より入荷しました。

HOPE,FRIENDS & MUSIC

がんばろう日本!

日本の鼓動!

僕らのチカラ!

f:id:mgs-shizuoka:20110416171916j:image

皆様にご購入いただきましたステッカー売上の利益金額を日本赤十字社の「東北関東大震災義援金窓口」に寄付させていただきます。

ショップ店頭とスタジオの受付にコーナーを設けましたのでご協力をお願いいたします。

1枚ワンコインの¥500(税込)

ギターマガジンのコラム

f:id:mgs-shizuoka:20101218175608j:image

ギターマガジン12月号を買ったらうちの店が載ってましたので紹介します。214ページ。

11月中ごろの夕方から夜にかけてあるひとりの革ジャンにロン毛青年(失礼しました)がやってきました。

私は、ギター教室の講師もしていますのでレッスンをしていましたので手を休め「こんにちは」と声をかけると「見せてください」と言われました。

初めてのお客さんでしたので「どちらから来ましたか?」と声をかけると「東京から来ました」と言われました。

東京からのお客さんはよく来ますが、うちの店の場所はわかりずらいのでだいたい来る途中で「店へ行こうと思うのですがどう行ったらいいですか?」と電話がかかってきます。

この方も1回電話をいただきましたが、東京から一発で来られるとはすごいと思いました。

でも、今や携帯電話のアプリでグーグル地図とか見れますので大丈夫かな。

ちなみにグーグル地図には「エムジーズ」と書いてあります。

で、「これとこのエフェクター試奏できます?」と尋ねられ、はるばる東京からいらしたから「どうぞ、どうぞガンガン弾いちゃってください」という感じでVIPルーム(ちょうどスタジオが空いていていたのでプライベート・スタジオ)へご案内。

ギター、エフェクター、アンプをセッティングして「どうぞ、ごゆっくり」温泉があれば、浸かっていってもらいたいけど温泉は無いので今度ということで。(今度も無いけど)

そうして、私はギターレッスンに戻りました。

30分ぐらいして、「これください!」と満面の笑みのお客さん。

「ありがとうございます!」とこちらも満面の笑み。

選んでいただいたのは、ヴィンテージPearlのアナログディレイ。

わかる人にはわかる1品です。

包装して会計をすませている時「ギターマガジンのコラム書いてます」と言われてビックリ!お面のやつ!カトウタロウさん。

そういえば、後半のページにスーツを着てお面をかぶった人がコラム書いているなと思いだしました。

でもお面の顔と全然違う(現物の方がカッコイイ顔)と思い失礼しました。

しかも、ZIGGYのツアー・ギタリストだそうでビックリ!

私は、ZIGGYが懐かしいと思う世代なんだなー。

タロウさんは「帰り際に外の写真撮って帰っていいですか?」と言われ、どうぞどうぞ、バンバン撮って帰ってください」

という出会いでした。

この時コラムに載せていただけるなんて思ってもいなかったのでビックリです。

嬉しいです。タロウさんありがとうございました。

みなさん、これからもギターマガジンのコラム(面On A Mission)を読みましょう!おもしろいよ!

f:id:mgs-shizuoka:20101218195047j:image

エフェクターのノックダウン

エフェクターのモディファイ・メーカーで有名(エロエロ)なソウルパワー・インストルメンツは、エムジーズも窓口になっています。

エフェクター改造、修理、製作、何でも相談を受け付けています。

ソウルパワーの工房も近くにありますのでスムーズに進められます。

先日、2台のエフェクターのノックダウン依頼がきまして、それが出来上がりましたのでご紹介します。

まず、MXRの懐かしいオーバードライブで、ついでに電子スイッチを機械式スイッチに変更、USAのDCジャックを国産タイプに変更、インプットジャックとアウトプットジャックも交換しました。

基板が大きい為基板も交換済。

ケースはエロエロなデザインでの依頼でこうなりました。

左が変身前、右が変身後

f:id:mgs-shizuoka:20101113181309j:image

もうひとつ、MAXONのスーパーメタルで、これもついでに電子スイッチから機械式スイッチに変更しました。

ケースもエロエロな感じになりました。

左が変身前、右が変身後

f:id:mgs-shizuoka:20101113181913j:image