マルハの珍ギター!

今日、修理で入ってきたアコースティックギターのメーカーが、珍しい1970年代ぐらいのマルハ!

f:id:mgs-shizuoka:20111031175513j:image:w360

ソーセージメーカーじゃないよ!

1970年代は、ドラムメーカー(Pearl)が日本でギターを作っていたりで、今ではこのような珍ギターも面白い!

このマルハ・ギターも純日本製のオールド・ギターだが、今ではオールドといっても安く売られています。

状態もあまり良くない物が多いのも事実で、このギターも入ってきた時はすごく弦高が高くてハイポジションを押えるのが大変。

できる限り弦高を下げてやりました。

古い楽器も大事に使えば長生きするよ!

続、フレットのスリ合わせ!

今日は、また違う患者さん(ギター)のフレットスリ合わせをしました。

ヴィンテージタイプのフェンダー系は細いスモールフレットを使っている為、フレットの減りが早いです。

あと、弦が張られた状態でギターを倒したり、どこかにぶつけたりしますと、1、2カ所くらいフレットに弦のすじが付いて陥没していることがあります。(チョーキングをした時に何か引っかかりがある状態)

これもフレットをスリ合わせしないと直りません。

f:id:mgs-shizuoka:20111028194716j:image:w360

フレットを削ったあとは、フレットが平になっていますので上部を丸く仕上げて完成!

新品のようにキレイになりました。

めでたし!めでたし!

ピックアップの高さに注意!

アンプで音を出した時だけ割れた変な音がするエレキギターが修理で入って来ました。

ピックアップを見てみると、ポールピースと弦との間隔があまりないことが判明。

適正な間隔がない為、これでは無理ありません。

この場合、ピックアップを下げれば問題解決だが、このギターのピックアップはボディに直接ネジ止めの為、これ以上下がりません。

ネックが純反りだったので、反りを直してブリッジで弦高を上げて、ポールピースと弦とのスペースができ、バッチリ直りました。

アンプにつなげクリーンな音でも割れずに本来のいい音がするようになり満足。

近すぎず、遠すぎずの仲が大事!

f:id:mgs-shizuoka:20111020174548j:image:w360

フレットのスリ合わせ

ギター、ベースのフレットは弾けば弾くほど減っていきます。

全部のフレットを使って全体的にチョーキングすれば均等に減っていきますが、それも難しいことでしょう。

大体Aの曲が多いと5から8フレットあたりが減っていきます。

チョーキングをしないと弦の下だけが減ってフレットがボコボコになってしまいます。

f:id:mgs-shizuoka:20110911172234j:image:w360

あまりひどいとフレット交換しないといけなくなります。

まずは、一番フレットの低い所に合わせて全体的にフレットを削るスリ合わせをしましょう!

もともとジャンボフレットなら、削っても高さあるから余裕があるけど、フェンダー系のスモールフレットだとスリ合わせで削るとフレットの高さがなくなる場合もあります。

そう考えるとジャンボフレットは経済的です。

写真のギターはフレットがボコボコでしたが、ミディアムジャンボだったので スリ合わせですみました。

フレット専用ヤスリで削るとフレット上部が平らになってしまいます。

f:id:mgs-shizuoka:20110911172411j:image:w360

この平らになったエッジ部分も削って丸くする必要もあります。

f:id:mgs-shizuoka:20110911194033j:image:w360

あとはペーパーヤスリでだんだん目を細かくしていき仕上げます。

f:id:mgs-shizuoka:20110912153202j:image:w360

高さは低くなりましたが、キレイによみがえりました。

f:id:mgs-shizuoka:20110917212012j:image:w360

The ナット交換!

ギターやベースのヘッドとネックの間にある白色のナット。

これは、消耗品と考えてください。

このナットの弦が乗っている溝の深さ、幅が重要で、チューニングの狂いや弾き心地にも影響します。

あと、材質によっても音、弦のすべり方が違いますが、一般的に牛骨(牛の骨)を使います。

牛骨は程よい油を出してくれて弦の滑りを良くするという利点があります。

加工もしやすいですが、削る時に骨を削った臭い(異臭)がしるという欠点もあります。

安いギターやベースには、プラスチックが使われていますので、これを牛骨に変える方も多いと思います。

最近では、人工象牙の素材も出回っていますが、これはアコースティックなどに使うといいんじゃないかな。

まあ、いろいろ試して自分に合うものを見つけるといいと思います。

なんだかんだ言っても、牛骨が一番ベストじゃないかな。

ところで、こんな悩みがある方

「開放弦でビビり音がでる。」や「チューニング、チョーキングをするとキリキリ音がする。」や「弦がナット溝でガバガバしている。」などがある場合は、即交換するべし。

基本的に牛骨の場合、一本一本違うギターやベースのナットを手作業で削って成形していきます。

まず、角材に近い牛骨を付けるナット位置の幅、奥行きが合うまで削っていきます。

はじめは、グラインダーなどの機械で大まかに削り、仕上げはヤスリで慎重に削り過ぎないように位置に合わせていきます。

f:id:mgs-shizuoka:20110826222821j:image

ネック幅に合い溝におさまるまで微調整。

あとは、接着をして乾いたら弦の溝を切っていきます。

f:id:mgs-shizuoka:20110826222820j:image

ここからは、職人技。

f:id:mgs-shizuoka:20110826222819j:image

私は、溝切りのヤスリに大体3本と1弦用に1本使い、弦の太さに応じて使い分け、角度も考えて削ります。

f:id:mgs-shizuoka:20110826222818j:image

この作業は経験が無いと難しいと思います。

こんなこともエムジーズにおまかせ!

テレキャスターのジャックに注意!

テレキャスターのアウトプット・ジャックがすぐ緩んでくることでお困りの方が多いと思います。

これは、ジャック・プレートの中に鉄板が有り、この鉄板の角がジャック穴4箇所にささっていて、ジャックを鉄板に締めつけて固定しているのですが緩んで締めてをくりかえすことで、この鉄板が曲がってきます。しまいには、この鉄板ごと抜けてしまうこともあります。

f:id:mgs-shizuoka:20110604140412j:image

この取り付けシステムは、1950年から何も変わっていません。

ヴィンテージ・タイプのモデルは古さを出すためもあるのでしょうがありませんが、そうでなければ、こんな原始的なやり方は、トラブルもおきますので変えた方がいいと思います。

変えるのに、今まではジャックプレートをレスポール用の四角いプレートに交換をしていたりする方がいましたが、これですと、ネジ穴が4箇所ボディ・サイドに開いてしまいます。

これでは、元に戻した時にネジ穴が4箇所開いたままです。

そこで、最近では画像のようなソケットタイプの物が出てきました。

f:id:mgs-shizuoka:20110604140410j:image

これでしたら、ボディ・ジャック穴に2箇所ネジ穴は開きますが、ボディ・サイドにネジ穴は開かないから、元に戻した時でも大丈夫です。

アルミ削りだしで丈夫で軽いです。

お勧めです!

ギブソン純正ペグに注意!

ギブソンでカスタムショップ以外のペグは、壊れることがあります。

形はクルーソン・タイプなのに表からナットで締めつけるタイプのペグです。

この前も「3弦のペグが1個壊れたのでその壊れたペグだけ同じもの交換して」との依頼で交換したのに1カ月ぐらいで同じギターの今度は4弦のペグが壊れたとのこと。

f:id:mgs-shizuoka:20110521200818j:image

だいたい、このペグは歯車を納めているカバーのフタのとめ方が甘く衝撃でフタが吹っ飛ぶというパターンです。

応急処置で接着剤を使って接着してもだめです。

また、吹っ飛びます。

こんな時は、ペグ自体を違うメーカーのペグに交換しましょう。

グローバーペグは比較的に安く、頑丈で壊れにくいです。

f:id:mgs-shizuoka:20110521200817j:image

音的にはサスティーンが伸び、鳴りも大きくなります。

ギブソン社のギターでも少し前は、初めからグローバーペグが装着されたモデルもありましたが、見た目ヴィンテージ風ではないから廃止されたのかな?

あと、少しヘッドが重くなるのが欠点かな?

クルーソン・タイプの欠点としては、他にチューニングの狂いがあります。

特に3弦のチューニングの狂いに悩まされている方も多いと思います。

その理由でグローバー・ペグに交換される方も多いです。

ストレスをかかえるよりも交換をお勧めします。

他に世界のゴトーペグなどいろいろ有ります。

またガリ一丁!

またまた、ガリノイズが発生のギターが入院です。

やはり、70年代前後のギターやベースはそろそろポットの寿命がきているのかもしれません。

だましだまし接点復活剤を使ってもポットの中のカーボンがすり減ってますので、またガリが発生してしまいます。

で、30年以上前のギターですので内臓を取り換えることに。

やはりこのギターもコンデンサーがショボイ!配線も細い!

f:id:mgs-shizuoka:20110303200633j:image

ポット4個と、コンデンサー2個と、アウトプット・ジャック、配線材を交換。

f:id:mgs-shizuoka:20110303200648j:image

交換後は、やはり音の抜けがよくなり、太い音がするようになりました。

いろいろなご相談受付しています!

セミアコのガリノイズ!

セミ・アコースティックやフル・アコースティックは、f(エフ)ホールが開いていますが、この穴からほこりやペットの毛やその他の毛などが侵入して、ボリューム、トーン、スイッチ類の中に付着してしまいます。このほこりなどがバサバサやガサガサなどのガリノイズをだしてしまいます。

ひどい時には音量が下がったり、音が出なくなってしまいます。

まあ、このへんは消耗品でもありますのでパーツ交換すれば直りますので安心してください。

f:id:mgs-shizuoka:20110215213511j:image

といっても、セミアコやフルアコの場合レスポールみたいなコントロールの裏パネルがありません。

「どうして作業をするのかどうやってここに収めたのか」不思議に思っている人もいると思います。

f:id:mgs-shizuoka:20110215213446j:image

答えは、リア・ピックアップ・キャビティ―から全部の内臓を出して外で作業をしてから元に戻します。

この戻す時に針金を使います。

f:id:mgs-shizuoka:20110215213413j:image

外の作業の時にあらかじめスイッチ、ジャック、ボリューム、トーンコントロールの位置を決めてから戻した方がやり易いです。

私は、自作のコントロール位置決め機を作って使っています。

f:id:mgs-shizuoka:20110215212955j:image

とにかく戻す作業が一番大変です。

自信がない人はやめた方がいいと思います。

そして、エムジーズに持ってきてください。

バッチリ直します。