ネック折れ+塗装

真っ二つに折れたヘッド部!よく見かける光景です。これはなんとかしてあげないといけません。

まず、周辺のパーツを外します。

その後接着剤で接着して専用クランプで1日圧着します。

くっ付いたら、サンディングペーパーで慣らしていきます。切れ目が出てますので、ラッカーサンディングを吹いて削ってを何回か繰り返して、平らにしていきます。

今回はヘッド裏にcustom shopのデカールが入ったモデルですので、その部分にリキッドマスキングを塗ってデカールに色が付かないように気をつけました。

これから調色してエアブラシで色をつけていきます。最終的にこの部分だけ色を濃くして折れた部分がわかりにくくなるまで重ねていきます。

後はマスキングを取ってクリアーラッカーを重ねていきます。乾いたら水研ぎをして、コンパウンドで磨いて出来上がり!

ギターは磨けば蘇るように綺麗になる!

今回は、再塗装無しで、研磨と磨きだけで、仕上げましょう。

水研ぎでこんなに茶色いドロドロ!

水研ぎでここまで光沢が出ました!

バフがけ、コンパウンドで磨いてここまで光沢が出るようになりました。

完成です。カサカサがツルツルになり、蘇りました!

ギター工房放浪記

今年の1月にギターマガジン編集部より取材を受けまして、ギターマガジン3月号の付属小冊子に見開き1ページまるまる掲載されました。

なかなか無い企画なので、参加させていただきました。

これを機に修理、改造、リフィニッシュなどが増えることを祈っています!

より一層丁寧に、スピーディーな作業を心がけますので、これからもよろしくお願い致します。

ピックアップカバーの話

image


セイモアダンカンなどのハムバッキングピックアップを買うと、金属のピックアップカバーは付いていません。

なので、ルックスを考えての方の為にカバーは別売りで付けることが可能ですが、ただカバーをはめ込むだけではなく、外れないように半田づけが必要です。

あと、カバーを半田づけすることによりアースもとれますので、ノイズ対策というメリットもあります。

サウンドはカバーを付けた方が少しHiが落ちるように感じます。

image

出たー!折りたたみ式ギター!!

アコースティックギターを発注して、こんな形のダンボールが届きました。

f:id:mgs-shizuoka:20120223111934j:image:w360

こんな形からすると、何が入ってると思いますか?

中身を取り出すと、こんなバッグが出てきました。

f:id:mgs-shizuoka:20120223112101j:image:w360

ここまでだとギターが入ってるとは誰も思いませんね。

そのバッグのファスナーを開けると、これはビックリ!アコースティックギターが入ってるではないか。

f:id:mgs-shizuoka:20120223112142j:image:w360

f:id:mgs-shizuoka:20120223112347j:image:w360

まあ、発注する前から折りたたみ式ギターのことは知っていたが、実物を見るのは初めてでした。

よく旅をするアメリカ人が考えることかなー。

しかし、よく出来てますよ。

14フレット辺りで真っ二つに折れ、特殊なヒンジでネックが元に戻りストラップピンを兼ねたネジで締めて出来上がり。

本当にワンタッチ!!

ナット部分も特殊でナットに穴が開いていてその穴に弦を通す仕組みになっているので、降りたたんだ時の弦が脱落しないような設計になっています。

そういうところも よく考えてあみたいです。

このギターはVoyage-Airというメーカーの最上級機種ですが、サウンドはボルトオンとは思えないほど音が伸び、良く鳴りました。

まあ、このギターはサウンドうんぬんよりも折りたたんで小さくし背中に背負って、ピクニック、登山、キャンプ、スキー、機内持ち込みができたりと、そちらの目的を狙いにしているんでしょうねー。

f:id:mgs-shizuoka:20120223112707j:image:w360

あと、みんなをびっくりさせるとか・・・。

エスパー伊藤も入りそう?

おもしろいことを考えますねー。

このギターは、おもしろいで賞!