ツインリバーブのオーバーホール奮闘記②

奮闘記①に続いて②は、アンプ部です。

f:id:mgs-shizuoka:20111205144125j:image:w360

中を空けていと通り見てみました。

パーツの焦げや破損、半田の取れ、電解コンデンサーの液漏れがないかチェック!

見てみるとパーツの錆が目立ちます。

f:id:mgs-shizuoka:20111205144146j:image:w360

特にジャック部で、この部分が錆びると音が出なくなったり、ブツブツノイズが出たりするので、要交換です。

あとの消耗品は、ポットで古くなるとガリノイズが出てひどいと音が下がったり出なかったりするポイントがあったりします。

これは、クリーニングや交換で対処。

入り口と出口は、新品パーツにすることでスムーズに効率良くなります。

この続きは③で。

乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です