ネックバインディング!

ネックにバインディングがしてあるギターやベースがありますが、見た目ゴージャスで高級感がありますが、古いギターやベースによくありがちなバインディング割れがあります。これは材質的に縮んで割れてしまうのです。演奏する時、左手が引っかかってプレイに影響があるのでこうなったら交換した方が良いです。

このギターは70年代なので、40年以上前に製造されたギターになります。こうなっても仕方ないかな!

古いバインディングを剥がし、剥がした部分のカスを取り綺麗にして

この時フレットエンドを少し削ります。(付ける新しいバインディングはサイズが大きめな為)

新しいバインディングを接着剤で接着して圧着。この状態で数日置きます。

接着完了したらバインディングがオーバーサイズなので、指板より上に出ている部分をカットしていきます。後は、幅もツライチになるまでサンディングしていきます。ネックを握ってみて手で確かめて、角を丸くし調整して完成!

ネック折れ修理塗装無し!

ギターを倒してボキッ!

やっちゃった経験がある人はいると思いますが、直りますので心配なく!

本当は補強して塗装もした方が良いのですが、予算をかけたくなく、見た目を気にしない方は接着(圧着)のみでも良いと思います。

割れの部分は仕上げで、段差はなく目立ちにくくなります。